さすがに無職で審査に通るのは難しいのはわかるけど、5万円くらいなら借りれる場所があるかもしれない・・・とも思いますよね。

実は、無職の人はどんな場合でも絶対にお金を借りれない!ということはなく、状況によってはお金を借りることが出来ることもあります。

この記事では5万借りたいときに無職の人でも使えるノウハウを紹介しますので無職の状態でも諦めずに、ぜひ参考にしてみてください。

\ 無職の人でも5万円借りれるのはココ /


5万借りたい!借りれる無職?借りれない無職?があるって知ってた

5万円借りたい 無職

キャッシングで5万円借りたいというときは、通常は何らかの仕事に就いて本人に安定収入がなければ審査に通過できません。

しかし、ひとことで無職と言っても、いろいろな状況が考えられます。

どのような無職なら借りれる可能性があるのか、逆に明らかに借りれる可能性がないのはどのような無職なのか、詳しく解説します。

5万円借りれる可能性のある無職とは

実は無職でもキャッシングできる人はいろいろなパターンがあります。 無職でも5万円借りれる場合はどのような状況なのか解説します。

専業主婦の場合

専業主婦が5万借りたいなら会社選びが重要です。

専業主婦は仕事をしていませんので職業は無職ですが、銀行カードローンなら配偶者貸付で借りれることがあります。

アコムやプロミスなどの消費者金融は、定期収入のない専業主婦は利用できません。

これは専業主婦は審査に通りにくいということではなく、最初から消費者金融の申し込み条件を満たすことができませんので、審査をしてもらうところまで行けないのです。

というのも、消費者金融は総量規制のルールがあり、その人の年収の3分の1までしか融資できません。

総量規制

総量規制とは、キャッシングに申し込みをした人の年収の三分の一以上の金額を貸し付けてはいけないという金融機関に対しての規制のことです。

参考貸金業法について【貸金業界の状況】 | 日本貸金業協会

本人に収入がないと年収がゼロということになり、世帯年収が高くても貸してくれません。

専業主婦が5万借りたいなら、「配偶者貸付」を行っている銀行カードローンに申し込めばお金を借りられる可能性があります。

配偶者貸付とは

配偶者貸付とは、配偶者(夫)に安定収入があれば、その収入を元にお金を貸してくれる制度です。

限度額は10万円など低くなることが多いですが、無職でもお金を借りれる可能性があります。

銀行によって配偶者貸付を行っているところと、そうでないところがあります。ただ、消費者金融はどの会社も配偶者貸付は行っていませんので、借りれるとすれば銀行カードローンです。

興味のある銀行カードローンの公式サイトに行き、「よくある質問」コーナーを調べるなどして、専業主婦でも借りれるか確認してから申し込みましょう。

年金受給者の場合

年金受給者の場合、キャッシング会社の年齢条件で問題なければ借りれることが多いです。

公的な年金というのは、受給資格を持ってさえいれば毎月必ず振り込まれますので、非常に安定した収入と言えます。

年金受給者は職業としては無職ですが、本人に安定収入があるというキャッシングの申し込み条件を満たしますので、信用情報が問題なければ5万円借りれる可能性が高いです。

ただし、キャッシング会社には契約できる年齢の上限があります。

たとえば消費者金融のプロミスでは申し込みできる年齢の上限は69歳です。

公的年金の受給開始は65歳からなので、年金をもらい始めてからしばらくはキャッシングできる可能性があるということです。

消費者金融年齢制限
プロミス20~69歳までの方
レイクALSA満20歳~70歳
SMBCモビット年齢満20歳以上、69歳以下

失業者で失業保険をもらっている

事情があって失業状態だけど、毎月失業保険をもらっている状況なら、キャッシングでお金を借りれる可能性があります。

失業保険をもらっているということは、会社都合で失業したか、またはハローワークで次の仕事を探しているかのいずれかなので、完全なニートとは違います。

審査のときに失業したときのやむを得ない事情や、次の仕事を探していることをアピールすれば、審査担当者も最大限に配慮してくれるはずです。

毎月失業保険をもらっているなら、申し込みしてみるとよいでしょう。

失業保険でも可能か、まずは相談!

学生である場合

学生の場合、本人が長期のアルバイトをしていれば、そのバイトの収入で審査してもらえますので、つまりは無職ではないという扱いになります。

コンビニや居酒屋、ファミレス、家庭教師、コールセンター、新聞配達など、毎月安定して給料がもらえる長期のバイトをしているなら、自信を持ってキャッシングに申し込みしましょう。

バイトをしていない学生はキャッシングの審査では無職と扱われます。

しかし、学生は親の収入でお金を借りれる場合があります。

消費者金融の中には、学生を対象とした学生ローンという商品でお金を貸してくれる会社があります。

本人に収入がなくても、親から仕送りをもらっているなどの状況があれば、そこから返済する約束でキャッシングできることがあるのです。

大手消費者金融や銀行カードローンは、自分がアルバイトしていないと申し込みできませんが、バイトをしていない学生が5万借りたいなら、学生ローンを検討してみるとよいでしょう。

不労所得がある人。で、不労所得って何?

定期的に不労所得を得ている人は、どこかの会社に勤めたり事業をしていなくても、お金を借りれる場合があります。

不労所得とは

不労所得とは、収入を得るために労働する必要がない所得全般のことです。
参考:ウィキペディア(Wikipedia)

たとえば、不動産を持っていて家賃収入があるとか、過去に著作物を製作したことがあり印税が入るなどです。

こういった不労所得でも、生活できる金額なら、立派な安定収入です。

不労所得で審査を受けるなら、本当に安定して収入があるのか客観的に示すことが重要です。

もしその不労所得で毎年確定申告をしているなら、前年度の確定申告書を提示すればキャッシングできる可能性が高いです。

キャッシングで重要なのは、収入がいかに安定しているかということなので、労働で得た収入でも不労所得でも安定収入なら問題ありません。

もちろん40万円、50万円借りたいような高額の借り入れ希望なら、会社員や公務員など安定した給与所得が有利です。

しかし、5万借りたいというような少額融資なら、不労所得でも審査に通る可能性があります。

水商売など不安定な職種は無職扱いの可能性が高いが・・・

水商売のような不安定な仕事は、キャッシングやクレジットカードの審査では無職扱いになることがあります。

しかし働いて収入を得ていることには変わりありませんので、完全な無職よりは借りれる可能性は高いです。

5万借りたいというような少額融資なら、勤続年数が長いなどポジティブな要因があれば審査に挑戦してみるとよいでしょう。

5万円借りるならプロミスかSMBCモビットがオススメ!

初めてお金を借りる方でも「プロミス」と「SMBCモビット」は安心して相談が出来ます。

特に、「プロミス」と「SMBCモビット」は申込から審査まで「最短30分」なので、今すぐお金を借りたい方には最適ですね。

僕もとにかく今すぐ5万円借りたい急ぎの際には大変お世話になりました。

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。審査もスムーズで、今すぐに借りたいという方に多く申込みされています。30日間の無利息期間(※1)もついています。
>>詳細はこちら

SMBCモビット

今すぐお金を借りるニーズに応えてくれるSMBCモビットは、Web完結なら電話連絡なし(※2)での申し込み方法が好評のサービス度の高いキャッシング会社です。
>>詳細はこちら

Check(※1)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
Check(※2)三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座と社会保険証もしくは組合保険証、収入証明が必要になります。

5万円借りれる可能性のない無職とは

次に、5万円のキャッシングをすることができない無職とはどのような状況なのか解説します。

完全に「ニート」の場合

完全なニートの場合はたとえ5万円のような少額でもキャッシングすることはできません。

ニートとは

ニートとは仕事をしておらず、職につくための訓練や資格勉強などもしていない人のことです。

まずは仕事に就くための何らかのアクションを起こす必要があります。

のちほど紹介しますが、派遣会社に登録したりアルバイトするなりしてニートを脱する必要があります。

住所不定の場合

無職で住所も定まっていない状況ではキャッシングは利用できません。

たとえば、誰かの家に居候していて、仕事もないような状況です。

キャッシング会社は契約する相手を名前・住所・電話番号の3点で特定します。

住所がないと信用情報も調べられないため、審査をすることができません。

住所不定ではキャッシングに申し込みすることもできないのです。

完全無職でも5万借りたい!その方法とは?

どうしても5万円借りたい

5万借りたいときに、借りれる可能性のある無職とそうでない無職を紹介しました。

通常は借りることができない完全無職でも、なんとか5万円借りる方法はないのでしょうか?

完全無職がどうしても5万借りたいときにできる対策方法を紹介します。

完全無職が5万借りたいときの対策その1:派遣会社に登録する

無職が5万借りたいときの対策として、派遣会社に登録するという方法があります。

人材派遣は派遣元の会社(派遣会社)と派遣先の会社(就業場所)の2つがありますが、雇用契約は派遣元の派遣会社と結びます。

ということは、派遣会社に登録して仕事を探してる状態なら、企業から雇用される一歩手前まで来ているわけです。

派遣会社に登録して、そこを勤務先として申告すれば、審査に通る可能性があります。

派遣会社に登録したらすぐに相談!

完全無職が5万借りたいときの対策その2:アリバイ会社を利用する

決しておすすめできる方法ではありませんが、アリバイ会社を利用して在籍確認をクリアするという方法もあります。

アリバイ会社とは、その会社で働いているように偽装してくれる会社のことです。

しかし、キャッシング会社もプロなので、アリバイ会社の情報も把握しているはずです。

もしアリバイ会社を利用したことがバレると、嘘をついて契約しようとしたということで、何らかのペナルティがあるかもしません。

完全無職が5万借りたいときの対策その3:無職になる前からあるクレジットカードを利用

もし無職になる前にクレジットカードを作っていたなら、そのカードで5万円借りるという方法もあります。

無職になったときに勤務先変更の届けをするべきですが、届け出をしなかったからといってすぐに契約解除になるわけではありません。

ちゃんと返済していればそのまま使えることが多いので、クレジットカードのキャッシングで5万円借りるという方法があります。

完全無職が5万借りたいときの対策その4:無職になる前からあるカードローンを利用

クレジットカードと同様に、無職になる前にカードローンを契約していたなら、それで5万円借りるという方法があります。

ただし勤務先の情報をそのままにしておくのはよくないので、まず5万円借りて用事をすませてから変更の届けをするようにしましょう。

完全無職が5万借りたいときの対策その5:家族カードを利用する

クレジットカードには家族カードというものがあります。

家族カードがあれば家族会員も本会員と同じようにクレジットカードを使うことができます。

家族カードは年会費も発行手数料も無料のことが多く、高くても年会費500~1,000円程度です。

5万借りたい事情を家族に相談できるなら、家族カードを発行すればそれだけで解決する場合もあります。

5万借りたい無職でも審査なしなら借りれる?

5万円借りる 審査なし

完全無職は消費者金融や銀行カードローンの審査には通りません。

しかしアリバイ会社などという危険な方法はとりたくないですよね。

完全無職が5万借りたいなら、審査なしでお金を借りられる方法も考えてみましょう。

生命保険契約者貸付制度を利用する

生命保険契約者貸付制度というものをご存知でしょうか?

生命保険契約者貸付制度というのは、生命保険の解約返戻金を借りる制度のことです。

生命保険を解約するわけではないので一時的にお金が必要な時に利用する人も多い制度です。

キャッシングのような審査はありませんので、5万円借りたい無職の方にも利用可能な制度です。

質屋を利用する

もしブランド品や家電製品など質屋で扱っていそうなモノがあれば、質屋でお金を借りることもできます。

質屋は、換金性のある品物の現物を担保にしてお金を貸してくれます。

借りたお金を返せば品物が戻ってきますが、返さなかった場合は担保に入れた品物が質屋のものになります。

例えば、ルイ・ヴィトンやエルメスのバッグや有名なメーカーの腕時計などがあれば、5万円くらいなら審査なしで借りれることが多いでしょう。

なぜ消費者金融や銀行カードローンが審査をするかというと、無担保融資だからです。

その人の毎月の給料などの収入から返済する前提になっているので、完全無職には貸してくれないのです。

質屋なら担保を入れるので、担保に価値があるのか、偽物でないかという点が確認できれば、無職だろうとブラックだろうとお金を借りることができます。

質屋(しちや 英:Pawnbroker)とは、財産価値のある私有物品を質(質草、担保)に取り、流質期限までに弁済を受けないときは当該質物をもってその弁済に充てる条件で金銭の貸し付け業務を行う事業者を指す。引用:質屋 - Wikipedia

審査なしでも闇金はダメ!

審査なしでお金を借りる方法を探していると、うっかり闇金に手を出してしまう可能性がありますので要注意です。

闇金とは

闇金とは法律のルールを守らずに営業している貸金業者の総称です。

街を歩いていると電柱や空き地のフェンスに審査なしですぐキャッシングといった張り紙や看板が出ていることがあります。

こういった広告から申し込みをすると、闇金につかまってしまう可能性があります。

特に要注意なのは、「すぐにキャッシング」と書かれた連絡先が携帯電話のときです。

まともな貸金業者は広告を出すときの連絡先として事業所の固定電話の番号を載せなければならないことになっていますので、携帯電話の番号が書いてあったら闇金の可能性があります。

闇金は法律の上限を超えた利息をとったり、返済能力をはるかに超えた金額をわざと貸して永遠に利息を請求したり、返済できなくなると違法な方法で取り立てしたりといろいろなトラブルがあります。

キャッシングやカードローンで審査なしはあり得ませんので、闇金には手を出さないようにしましょう。

注意金融庁でも「違法な金融業者にご注意!」と注意喚起しています。

闇金業者を見抜く方法

5万借りたい無職が知っておきたい注意点と対策!番外編

5万円借りる際の注意点

無職がどうしても5万借りたいときに知っておきたいその他の知識について解説します。

無職なのに職があると嘘つくとどうなる?

無職なのに職があると嘘をついたとしても、最初の審査でバレてしまう可能性が高いです。

そもそもキャッシングの審査がなぜあるかというと、ちゃんとした安定収入があって、返済できるかどうかを確認するためです。

勤務先や年収は自己申告なので、当然「嘘をついていないか?」という視点でしっかりとチェックされています。

キャッシング会社の審査担当者は、もし申し込み者が嘘をついていたら、それを見抜くのが仕事です。簡単に騙せるものではありません。

具体的には、申告した勤務先の会社に在籍確認の電話を入れて、本当に働いているか調べています。(在籍確認)

また、キャッシング会社は全国の企業の社員がどれくらいの給料をもらっているかといったデータも持っています。

電話のヒアリングで不自然な会話になると怪しまれてしまうことになるでしょう。

無職なのに職があると嘘をついたとしても、すぐにバレてしまう可能性が高いです。

仮に嘘をついて審査に通ってお金を借りたとしても、その後嘘がバレてしまうと、すぐに契約解除になります。

そのときすでにお金を出金していた場合は、全額一括返済を求められる可能性が高いです。

悪質な場合は詐欺として通報されてしまうかもしれません。

嘘をついてキャッシングしようとするのは絶対にやめましょう。

無職になる前に必ずしておきたい対策とは

完全無職がキャッシングやカードローンでお金を借りるのは非常に難しく、嘘で審査をクリアしてお金を借りて、そのまま完済までバレずにやりすごすことはほぼ不可能です。

無職になってからでは金策の方法は限られてしまいますので、無職になる前に対策しておくことが重要です。

貯金をしておく

今現在安定した収入があるなら、無職になる前に貯金をしておくことが大切です。

普通に生活していると、何かしら急な事情で数万円の出費が発生するのはよくあることです。

たとえば、

  • 友人が急に結婚したり
  • 急に虫歯ができて歯医者に行くことになったり
  • スマホを落として壊れてしまったり

無職になって貯金ゼロの状態で突発的な出費があると、対応できずに困ってしまうことになります。

次の仕事が見つかるまでの生活費だけでなく、急な出費があっても対処できるように、余裕を持って貯金しておくことが大切です。

カードローンの契約をしておく

貯金しておくことに加えて、将来の備えのために収入があるうちにカードローンの契約をしておくというのもひとつの方法です。

カードローンは限度額の範囲内で自由にお金を借りられるのがメリット。

たとえ限度額10万円とか20万円程度の少額であっても、無職になる前に契約しておけば、急に5万借りたいというときも慌てずにすみます。

カードローンの契約をしておけば、5万借りたいときはATMに行って引き出せばよいだけだからです。

カードローンの契約をしても実際にお金を借りるまでは利息が発生することはありません。

収入があるうちに契約しておいて、しばらく休眠させておいてもよいのです。

無職になる前にしっかり貯金しておくのが理想ではありますが、なかなか思い通りのペースでお金が貯まらないというときは、備えのためにカードローンの契約をしておくということも検討してみましょう。

ココに注意

サラリーマンを辞めて無職になると、今まであった会社の後ろ盾が無くなり、一気に「社会的信用」が無くなります。今すぐに会社を辞めたい。。。と思ってもちょっと踏みとどまって勤めている会社の信用を活用し、クレジットカードの申し込みや消費者金融への申し込みなどをしておくのが賢明です。(管理人体験談)

無職でも5万借りたい!無職のためのキャッシングノウハウまとめ

無職は絶対にお金を借りれないということはなく、5万円くらいなら借りれることがあります。

たとえば、不労所得で定期収入があったり、年金をもらっていたり、専業主婦で配偶者が稼いでいたりすれば審査に通ることは可能です。

しかし、ニートや住所不定など、キャッシングの審査がどうやっても通らない状況もあります。

その場合はアルバイトをしたり派遣会社に登録したりするか、またはキャッシング以外の方法を考えましょう。

質屋や生命保険契約者貸付制度など担保にできるものがあれば、完全な無職でも現金を入手できることがあります。

このように、無職でも工夫や対策次第で5万円くらいなら借りることができますので、嘘の申告でキャッシングしようとしたり、審査なしの闇金に申し込むのはやめましょう。

ぜひ今回の記事を参考にしていただき、必要な現金を入手する方法を見つけてください。

\即日融資も可能/ ユーザーおすすめランキング

プロミス

カードレス+時間のない

◎プロミスの基本情報

■実質年率4.5%~17.8%
■限度額500万円
■審査時間最短30分
■運営会社SMBCグループ
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

WEB完結なら、全ての申込みがWEBで完結します。しかし、何かわからないことがあれば、電話でオペレーターが丁寧に対応してくれます。女性のオペレーターが対応してくれるプロミスレディースは、男性でも利用できる人気のサービスです。女性オペレーターのプロミスレディースをご希望の方はこちらです。プロミスレディースの詳細はこちら>>※男性の方もご利用いただけます。

\今すぐ借りたいならプロミス!30日間金利0円!/

レイクALSA

◎レイクALSAの基本情報

■実質年率4.5%~18%
■限度額500万円
■審査時間最短60分
■運営会社新生フィナンシャル株式会社

レイクALSAのWeb完結なら、手続きが全てweb上で可能なのはもちろん、自宅への郵送物もカードもナシで、誰にも内緒で借入れできます。コールセンターは女性のオペレーターが多いので、初めて利用する女性も安心です!「全額30日間」または「5万円まで180日間」の2つの無利息サービスから選ぶことができます。

\web申込みなら最短60分融資も可能!/

SMBCモビット

300x250 オリコンバナー

◎SMBCモビットの基本情報

■実質年率3.0%~18.0%
■限度額800万円
■審査時間10秒簡易審査
■運営会社SMBCグループ
株式会社SMBCモビット

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

Copyright© 今すぐ5万借りたい無職の人に朗報!無職でもOKの即日融資ノウハウ , 2020 All Rights Reserved.